エイジングケア化粧品、ビタミンEとユビキノン

subpage1

様々な新しい成分が姿を見せて、エイジングケア化粧品に配合されますが、効き目のある有効成分は不動の人気があります。

ユビキノン(コエンザイムQ10)やビタミンE(酢酸トコフェロール)は肌の老化を予防して血行を良くしていき、酸化を防止する特徴が強みです。

どちらも油溶性であり、化粧品に配合するのは難しいところがあります。
ビタミンEは大豆や菜種から抽出が可能です。
化粧水に配合する場合は特殊な技術を使って水と混ざり合わせるか、乳化剤を使用して混合体とするか、もしくは両方の手段をとるか、いずれかになります。

特殊な化学技術を用いてエイジングケア化粧品を作る場合、刺激になる成分を配合しない場合がありますから、敏感肌には適しています。



乳化剤は化学と天然の二つのタイプがありますが、化学ならPEGやグリセリン脂肪酸エステル、ステアロイル乳酸カルシウムといった物が上げられます。
人によってはアレルギーが発生しますから注意すべきです。

ロケットニュース24の情報はここで調べよう。

ビタミンEは皮脂の酸化を抑制する、活性酸化を除去する、肌のターンオーバーを加速させるメリットある成分となります。

ユビキノンは酵母を発酵させて化学的に抜き出す事で、得られる若返り作用がある物質です。



エイジングケア化粧品に配合するには高度な技術が必要となりますが、高濃度にユビキノンを配合した製品はシワやたるみにも有効です。


傷付いた細胞を再生させる効果もありますから、エイジングに相応しい物質となります。